つがる☆時空間  

青森県の観光情報や歴史民俗を中心に紹介しています。江戸時代の天守がある弘前城・岩木山、八甲田山などの四季や、こぎん刺し・津軽塗の伝統工芸をゆっくりとごらんください。

こんにちはnatuです。青森県在住の主婦ライターです。
『グラフ青森』社が発刊している「青森の暮らし」にてコラム『城下町通信』を執筆しています。弘前城や神社仏閣、あるいはこぎん刺し、『BOR0』といった古布を手掛かりに東北の魂にふれる旅をしましょう。

川合勇太郎さんが昭和47年に津軽書房から発行した「青森の昔話」を読んでいます。青森県内の昔話を何百も収録した574ページもある本。著書の川合勇太郎さんが最初に「津軽むがしこ集」を採集したのは昭和5年! 県の昔話集として東奥日報社から本にして、それが初めての民俗 …
続きを読む

雪女コンテストが今年も2017年3月11日に行われます。場所は青森市浪岡の中世の館。ユニークなコンテストで、いま出場者を募集中。雪女に扮するのは美女はもちろん、ひげの剃り跡も青々しい男性でもいい! 申し込みはは2月10日まで中世の館へ(0172-62ー1020)優勝賞金が大 …
続きを読む

久しぶりに鶴田道の駅に寄りました。五所川原市からの帰りです。雪をかぶったリンゴ園を見ながらドライブ。すると家人がここで買いたいものがあるからと車を停めました。道の駅つるた鶴の里あるじゃ〒038-3524 青森県北津軽郡鶴田町境里見176−1鶴田町とは?弘前と五所川 …
続きを読む

五所川原にやってきました、ラーメンを食べに♪ 1コインランチ弘前Vol.7 が発売され、さっそく買いました。そして、ページをぱらぱらとめくり、NEWSHOPの味噌ラーメンに心が惹かれたのです。スポンサーリンク 地吹雪もなんのその、弘前の自宅から車で50分。エルムの街 …
続きを読む

きょうも朝から吹雪でした。冬休みが終わり、16日から弘前市内の小学校と中学校は学校が始まります。雪道の登校は危ないことがあります。歩道の除雪が済んでいればよいのですが、雪藪になっていると車道を歩かざるをえないことがありますね。もしも、お子さんが歩く通学路に …
続きを読む

大雪です。弘前の積雪は2017年1月14日現在43センチほど。寒さも厳しくて昼でも氷点下2℃です。珍しく雪がないと思ったら、いきなりドカン!数日前から毎日降るので、雪かきが日課に。スポンサーリンク   灯油が値上がり 1年前の2015年は1リットル当りの価格が50円でした …
続きを読む

干し柿作りは秋の風物詩ですね、先日その干し柿を加工したおやつを頂きました。これは珍しい、干し柿のしそ巻です!スポンサーリンク 赤しそのさわやかな酸っぱさと干し柿の甘みが絶妙♪ とっても珍しいこちらのおやつは手作り。わが家に持ってきて下さった方は、前に食 …
続きを読む

青森の雪景色は海外からの観光客に人気。ホワイトスノーは幻想的で美しいと、南国の人には憧れなのです!この寒さや雪が観光資源。きょうは弘前市を中心にイベント情報をお届けしましょう。スポンサーリンク 鬼神社の裸参り鬼神社の裸参りは旧暦の正月に行われます。今年 …
続きを読む

2017年1月9日、弘前市土手町で新春恒例の出初式が行われました。西目屋村と合同です。江戸時代の火消しに由来する『纏(まと)い振り』もせいぞろい。雪はないとはいえ、午前9時ころですから、風が冷たい。刺し子半纏(はんてん)できりっと統一した青年が勇壮に演舞を見せて …
続きを読む

津軽地方の伝統料理といえば、貝焼き味噌! 帰省した子どもにリクエストされて作ったのは元旦でした。ホタテを買いに正月も休まず開いていたスーパーへ。新鮮なホタテのむき身を買うことができました。お正月なので、刺身用のホタテをたっぷり入れて作ります。でも、私が子 …
続きを読む